プロフィール
いとや
いとや
福岡の天神にある商店街 新天町商店街 北通り 入って 3軒目にあります。
『いとや』という屋号で 
1階 婦人服
2階 ギャラリー(貸しギャラリー・アートサロン・展示場)
3階 カルチャースペース(貸し教室・貸しスペース・貸し会議室・貸しホール・レンタルスペース)
をしております。

うまくいけば 5代目に・・・ なれるかもしれません!
宜しくお願い致します。

@itoya_tenjin で ツイッターもやっております!
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
インフォメーション
アクセスカウンタ

2011年11月08日

第9回 宝徠(辻恒久)西洋陶芸展

第9回 宝徠(辻恒久)西洋陶芸展

11月15日(火)~20日(日)






透き通る白と光に輝く金の織りなす、永遠に失うことのない美しいアート…。西洋陶芸は、東洋の陶器を発祥にヨーロッパで独自に発展した芸術です。器や人間、陶花など、いろいろな世界が広がります。
今回の作品展は、ライフワークの白と金をテーマに光のモニュメントを始め、薔薇のオブジェ、クリスマス・コレクションの新作が、皆さまの目を楽しませます。
西洋陶芸とは、中国発祥とする窯業製品の中でも最も繊細で、最も美しい磁気は、17世紀末から豊かさの象徴として、ヨーロッパの王族や貴族階級のコレクターから愛され珍重されてきました。始めのうちは、中国や日本から、輸入された作品でしたが、アウグスト王朝時代にドイツのマイセンに窯が作られ、ヨーロッパ独自の磁器製品が生まれました。
その後、各地に広まり、作風や色付けなど各地で独自の進化を遂げます。エレガントで、そしてゴージャスな作風が特徴で、今や器はもちろんのこと、陶花や人形などヨーロッパ・オリジナル作品として、高く評価されています。


福岡 天神 新天町 
いとやギャラリー




同じカテゴリー(ギャラリー)の記事画像
スタジオカノン シュトラウスの会作品展
Sanctuary(サンクチュアリ) -2011-
~ビーズジュエリーコレクション~
スタジオカノン シュトラウスの会作品展
Sanctuary(サンクチュアリ)-2011- 
第9回 宝徠(辻恒久)西洋陶芸展
同じカテゴリー(ギャラリー)の記事
 スタジオカノン シュトラウスの会作品展 (2011-11-24 17:51)
 Sanctuary(サンクチュアリ) -2011- (2011-11-24 17:30)
 ~ビーズジュエリーコレクション~ (2011-11-21 18:53)
 スタジオカノン シュトラウスの会作品展 (2011-11-21 10:06)
 Sanctuary(サンクチュアリ)-2011-  (2011-11-21 10:03)
 第9回 宝徠(辻恒久)西洋陶芸展 (2011-11-14 20:05)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。